五月

だとしてもきみが五月と呼ぶものが果たしてぼくにあつたかどうか 光森裕樹

歌集『鈴を産むひばり』(港の人)より

おばんです。

ご無沙汰しております。久々の更新。

今日は五月に入ったという事でこの歌。

人の一生を四季にたとえて「青春・朱夏・白秋・玄冬」と言います。

それで言うと「五月」は、青春と朱夏のあいだ、大人になりかけの時期、という感じでしょうか。

旧暦の場合だと五月はもう梅雨に入っているわけですが(「五月晴れ」がもともと梅雨の合間のわずかな晴れ間の事を指す言葉だったというのは有名な話)、現在の五月は、一年で最も過ごしやすくて明るい季節だと思います。東北だとまだ桜が咲いてたりしますし。

厳しい夏を迎える前の、どんよりとした梅雨に入る前の、青春の最後の輝きのような、そんな五月。

・・・俺には無かったなあ、五月。

そんなわけで今日はここまで。楽天イーグルスの中継ぎ投手陣に絶望したりもするけれど、俺は元気です。またぼちぼち更新していこうと思います。では、おやすみなさい。
スポンサーサイト

自己顕示欲とかそんなの

かくのごと青春は過ぎぬ この、いくら擦っても点かない百円ライター 斉藤光悦

歌集『群青の宙』より

おばんです。

最近めっきり短歌を詠まなくなりました。まあ元々超絶マイペース野郎なんで、「何もやる気が出ない時は何もやらないに限る!」という考えのもとに日々だらだらと過ごしているわけですが、にしても昔はもうちょっと焦ったり頑張ったりしてたような気がしなくもないです。

自己顕示欲とか承認欲求とかそんなの。若い頃はそれこそ渇望と言っていいほど持っていた筈ですが、近頃はもう、ほとんど失ってしまった。渇望しても結局得られない、という現実に心が耐えられなかったのかもしれません。

創作意欲なんてぶっちゃけ孔雀の羽根みたいなもんで、意中の女性に好かれたいという一心の求愛ダンスみたいなものですから。今の俺はもう、誰に向かって羽根をひらひらさせれば良いのか見失ってしまった状態なので、まあ、やる気も出ませんよそりゃあ。

俺は自分が相当な特殊オナニストだと思っていて、最終的には鏡を見ながらオナニーできるレベルの変態になれる筈だと信じていたわけですが・・・、まあ要するに、読者なんて存在しなくても自分ひとりのために短歌を詠んでいるだけで満足できる人間だと思っていたのですが、どうも、やっぱりそれだと行き詰ってしまうようです。当たり前っちゃ当たり前なんですが。

生きる才能も死ぬ才能も無い人間はどこへ向かえばいいんだろうなあ、などとぼんやり考えつつ。とりあえず明日からプロ野球が開幕するので、それを楽しみにしばらくだらだらと生きます。野球賭博問題が結局うやむやになってしまってる感じなのが気になるところですが。

他人に顕示できるような自己なんてハナから持ってなかったんだという事に気づいた上で、どうやって創作意欲を持続していくか、というのがここ数年の大きなテーマだったのですが、何だか「不可能」という結論に達しそうな感じで少し寂しい。まあ、またそのうちに突然やる気になるんだと思いますが。その時まで、とりあえずだらだらします。ブログも気が向いたら更新します。

認めたり認められたり認めてる人から認められたりしたい

認められない人間が、認められないまま生きていく道はあるだろうか。短歌に限らず、仕事とか恋愛とか色々。徒労と知りつつ虚しい努力を一生続けないといけないのか。俺の羽根はもうボロボロだよ・・・。

では、また。おやすみなさい。

第一回深夜の即詠祭り

おばんです。

ただ今深夜3時49分。あ、50分になった。

これから5時まで、パソコンでだらだら動画でも見つつ短歌を作ろうと思います。思いついたものはここに載せていきます。目標十首。…無理かも。では、とりあえず日課になっている楽天イーグルスの最新ニュースでもチェックして、酒でも飲みながらのんびりアニメでも見ます。短歌出来るかなあ・・・。

Too Late To Die 汽車はいつまでも海辺の町を走り続ける

アルコールで洗えば落ちる魂にこびり付いてる頑固な汚れ

全力でバットを振ったことが無いいつも見逃し三振の恋

そしてまた頼みもしない春が来て君の笑顔を見る羽目になる

絨毯へ堪えきれずに飛び散ったこの寂しさをティッシュで拭う

空の青海のあをにも染まらないたった一羽の鳥になりたい

HDDから君の記憶だけ綺麗に消し去る便利なソフト

ちょっと前まで純白の雪だった泥水を撥ね飛ばしつつ行く

退屈を水で薄めて飲みながら下手な短歌を詠む午前五時


…ただ今午前4時58分。あ、59分になった。残念ながら9首止まり。とはいえ正直予想よりはたくさん詠めたな。5首くらいで止まると思っていた。どれか一首でも気に入ってくれるものがあればいいのですが。ちなみに俺は全部気に入ってますよ(自作大好き!)

では、第二回でお会いしましょう。開催日時は未定ですが。

明日、明後日あたりは更新するか分かりませんが、たぶん、11日には流石に更新すると思います。どんな内容になるかはまったく分かりませんが。では、また。おやすみなさい。

3月のシーン

退屈をかくも素直に愛しゐし日々は還らず さよなら京都 栗木京子

歌集『水惑星』より

おばんです。久々の更新。

3月は卒業シーズンということで、今日はこの短歌。まあ厳密には卒業の歌かどうか知らないんですが。退屈を素直に愛せるのはモラトリアムが許されている学生時代の特権だと思う。俺は今でも結構退屈な日々ですが(苦笑)、全然愛せないし。結句もバシッと決まっていていいですね。これが田舎(郷里)から都会へ、だと希望に満ちた感じにはなりますが寂しさが足らず、逆に東京から田舎へ、だと都落ち感が強すぎていけない。京都というのは絶妙のロケーション。ずるい。
調べてみたら作者の栗木京子さんは京都大学卒のようです。となるとやっぱり卒業の歌ですね、きっと。春が来るたび思い出す、大好きな短歌です。

卒業式の思い出、何かあるかなー、と色々思い返してみたのですが、大学はドロップアウトしたので卒業式には出ておらず、高校も、何らかの事情で出席せず。確か、国立の滑り止めで受験した公立大学の後期日程と重なってしまったためだったような。中学校とか小学校になるともはや忘却の彼方で、卒業式の思い出なんてほとんど残ってないですね。というか、俺は「お昼寝の時間に一人騒いで周りに悪影響を及ぼすから」という理由で幼稚園を中退しているのだった。そりゃあ卒業式の記憶なんて残ってないはずだわ。むしろ小学校以降の記憶があるのが驚きだ…(幼稚園には半年ぐらい?後に復学しましたw 協調性が無いのは生まれつきで、結局治らなかった)

そういえば、卒業式が終わった数日後に学校に卒業証書を取りに行きましたね。職員室で、担任の教師から証書を授与されて、その場に居た教師達から拍手してもらって。晒し者になってるようで恥ずかしくて嫌だったけど、でも少し嬉しかった。年間200日遅刻する問題児の俺が国立大学に合格して心底ホッとしてた担任の高橋先生、俺結局大学辞めちまったよ。遅刻癖も治らなかったよ…。

三月が僕の部屋にも訪れて別れ支度を済ませと迫る

自作も一首。「食器と食パンとペン」さんにイラストを付けてもらったのがとても嬉しかった。最近ずっと不調でロクに新作も出来ないのですが、何とかまたいろんな人に届くような短歌を詠めたら、と思ってます。では、また。おやすみなさい。

うたらばブログパーツ短歌投稿作のまとめ

おばんです。

相変わらずドス黒い想念ばかり浮かんで消える毎日。

定年退職してから趣味で肉牛の飼育を始めた父が、セリで盛岡に来たついでに、見るからに高級そうな霜降り肉を置いていったので、今晩はそれを焼いて食べました。「旨い!旨い!」と、食べてる間はテンションが高かったのですが、食べ終わってしばらくするとまた気分が落ち込んできて、(俺のような人間があんな高級な肉を食べてはいけないんじゃないか。味も分からないのに。飼育した人にも申し訳ないし、何より命を冒涜しているのではないか。いや、それを言うなら高級か否かに限らず、俺が他の動物を殺して食うのは間違ってるんじゃないか。俺が死ねばいいのに)という気分になってきて、最終的に食べた牛肉をほとんどトイレで吐いてしまった。心が弱すぎるんだな、きっと…。

でもすき焼きも作っちゃったんで明日も高級肉を食うけど。

そんなわけで今日もブログを書く気分じゃないので、いつもの投稿作品をまとめたやつです。今回のテーマは「中」です。

手も触れず僕の心にしあわせを君は生み出す手品のように

真ん中で割れるアイスを割らないで一人で食べて今日も楽しい

国中のセクシー女優をはべらせて例のプールで泳いでみたい

怖くない幽霊だなと思ったら胸に「研修中」のプレート

今もまだ一人で汽車を待っている作中主体の孤独を思え

風のなか微かに揺れるブランコがあなたのようでじっと見ていた

家中の引き出しという引き出しを開けて未来を探したあの日


今回は7首。「今もまだ~」が採用になりました。完全新作が採用されたのは久々だったので嬉しい。作中主体という言葉、覚えたての頃は(なんかカッコイイかも)と思って使ってましたが、今はほとんど使いません。たまに短歌の中で使うぐらい。

僕じゃなく作中主体なんだろう君を本当に好きだったのは

とか。ま、どうでもいいか。

ついに酒を買う金も無くなって途方にくれております。眠れない。でも寝ないと明日が来てしまう(もう来ているけど)。しょうがないから眠くなるまで短歌でも作ってることにします。おやすみなさい。