短歌結社ネガティヴ活動記録(黎明編・その4)

第四回ですか?よく憶えてない。

前回の内容があまりにも暗すぎて、もう何もかも嫌になってしまったのですが、酒を飲んだら元通りです。
アルコールの力は偉大。

前回を読んでない人と忘れた自分のために簡単におさらいしておくと、高校生の頃、ぼくは心を病んでいた。

以上あらすじ終了。

さて、続き。

ぼくと瀧本、藤井君の通っていた高校は岩手県沿岸北部の普通科高校。
窓から海が見える・・・という事は無いのですが、缶詰工場のせい(だとまことしやかに言われていた。真偽の程は不明)で特に夏場などは死ぬほど生臭い風の吹きつける学校でした。海まで行こうと思ったら、自転車で小一時間かかる山間の学校。

ちなみに、先の東日本大震災の際にはその缶詰工場も被害を蒙ったらしく、浜辺に大量の缶詰が流出し、火事場ならぬ津波場泥棒が大挙して缶詰を拾い集めていったという噂。まあ、放っておけばただのごみになるのなら良いのかなあ、と、あくまで個人的には思う。勿論犯罪だけど。

1975年生まれのぼくらがその町で高校生活を送っていたのは1991~1993年の3年間。
しかしまあ、改めて書いてみると遥かな昔だな。
携帯電話などというものはまだ誰も持っておりません。パソコンも普及する少し前。
そんな頃の、ひとりの孤独な少年のはなし。

いや、本当は短歌結社の活動記録なんだけども!何故こうなった・・・?

さて。高校生の頃、ぼくはひとりの友達も出来ず悶々とした日々を送っていたわけです。
休み時間、廊下で英語講師のスコットさん(金髪女性)から

「ドーシテ、イツモ、ヒトーリ、ナンデスカ?」

と話しかけられ、何も応えられず、早足でひとり校内を歩き回った挙句なぜか理科準備室の前で我に返ったり、とか。教室に戻る気がせず、一時間誰にも見つからないよう隠れ潜んだのも今では良い思い出。その時のぼくの様子を見ていた小島監督がのちに「メタルギア・ソリッド」を作ったと言うのは、有名ではないデマ。

そんな調子でぼくの学生生活は過ぎてゆく。瀧本はどうだったかというと、ヤツは人見知りの皮を被った狼。高校に入ってすぐ友達を作り、友達の友達ともみな友達となり、男ばかりのむさ苦しいコミューンではあるものの、そこそこ楽しい学生生活を送っていたらしい。
当時、ぼくは瀧本とも学校内での接触を避けていたので、詳しい事情は推測ですが。
無頼を気取って煙草を吸いながら時代遅れの吉田拓郎など弾き語ったり、レッドツェッペリンに傾倒して突如ヘビメタマニアになったり、かと思えば文学青年らしいロマンチストっぷりを発揮して天文部なんぞで星を見てうっとりしていたりしたようです。気持ち悪い。

藤井君はそんな瀧本の高校からの親友。正直高校の頃はぼくとはまったく接点がありません。なので呼び名も「藤井君」です。微妙な距離感。
文学青年であるらしいことは当時瀧本から聞いているのだけれど、それだけ。目つきの悪い、それでいて妙に優しげな風貌のひとでありました。

もうひとりの男、吉澤は地元の高校に進学。当時はまだヤンキー文化が色濃く残る田舎の町で、サブカル系ロックオタクの彼は彼なりに大変な高校生活を送った模様。
とはいえ写真部の部長などして、中学からの友人たちとそれなりに楽しくやっているように見えた。何より、一度後輩の女子から告白されたという話を聞いている。そしてそれを断ったと!バチ当たりが!ああ羨ましい妬ましい!
そんな訳で、少なくともぼくよりは高校生活を楽しんでいたはず。本人は異論があるかもしれないけれど。

今回はすごく長くなった。読まなくていいです。ぼくだって読みたくないよ面倒くさい。じゃあ、また、いつか。続く・・・のだろうか?










スポンサーサイト

025:触(山本左足)

触れ合ってそのまま融けてしまいたい蛍火のように儚く揺れて

024:玩(山本左足)

心臓をねじ式にして玩ぶ悲しい夜は締め付けて寝る

023:必(山本左足)

「ギャラクティカ・マグナム」ぐらい必殺の口説き文句を考えている

022:突然(山本左足)

夕暮れにゲリラ豪雨が降るように突然やってこないかモテキ

21:示(山本左足)

xyzと掲示板に書き乗り込んでゆく満員電車

20:劇(山本左足)

どんな劇なのかぐらいは明かされているのだろうか「紅天女」

19:そっくり(山本左足)

友人の語る恋愛体験がどれも「ハチクロ」そっくりな件

18:希(山本左足)

希望とはあしたを乞い願う心 逆に渡って行け涙橋

短歌結社ネガティヴ活動記録(黎明編・その3)

第3回ですね。

毎回毎回、酔いが醒めると削除しようか悩み、酔っ払うと続きを書こうかという気になる、その繰り返し。
当然今も酔ってる訳です。

そしてまだまだ黎明編です。最初に言っておきますが、今回もまだ短歌を作りません!悪しからず。

さて。中学を卒業した我々3バカトリオ。瀧本とぼくは沿岸の高校へ進学し、地元の高校に進んだ吉澤とはいったん袂を分かつ形になります。

高校生活のことは正直あまり思い出したくないので簡単に書くと、ぼくは3年間ひとりの友達も出来ないまま、ほぼ心を病んだような状態で鬱々としたままの青春時代を過ごす事になる。

実のところ、中学までずっと幼馴染ばかりの環境で過ごしてきたぼくは、自分が人見知りをする性格だとは思いもよらなかったのである。新しい環境で、周りは見知らぬ人ばかり・・・。そんな中、ぼくは自分が激しく内向的な性格であることを知り、戸惑い、疲れ、そしてわずか半年で20キロほども激痩せした。

まあ、中学生の頃のぼくはいわゆるデブだったので、バランスは良くなったのだけれど。しかし女子にはまったく相手にされなかった。多分外見よりも性格の問題なのだろう。いやまあ、外見も・・・なのだけれども(痩せたって不細工は不細工である。世のダイエッター諸君は心するように)。

そんなこんなでぼくが対人恐怖やら摂食障害やらに人知れず苦しみ、ノストラダムスの大予言が成就することだけが夢だった頃、瀧本はそれなりに楽しい高校生活を送っていたようだし、吉澤は下級生から告白されて、しかもその子を振りやがったらしいのである。けしからん!

そして藤井君も出てくるのだが、その辺の話はまたそのうちに。まだまだ短歌は詠まないけれど、ポエムを読んだり作ったりし始めるのでそういった話題は出てくるかも。書きたくなったら書きます。乞うご期待(しない事を)!



017:従(山本左足)

愛してはくれない君を従順なペットに変えるギアスが欲しい

短歌結社ネガティヴ活動記録(黎明編・その2)

第2回であります。
前回は登場人物紹介だけで終わったので、今回こそ「ネガティヴ」の活動記録を書きたいと思っているのだが、それはさておき、登場人物のことをずっとロンドンだのカリフラ沢だのと呼ぶのもアレなんで、各人に実名を元にした苗字(一応仮名)を付けておこうと思う。

ロンドン太郎・・・瀧本

カリフラ沢ブロッ子・・・吉澤

イマダヤバキチ・・・藤井

山本左足・・・そのまま山本で(友人、知人諸氏は「ずるい」とか言わないように)

さて。どこから始めたものやら。
ぼくと瀧本、吉澤の三人は岩手県北部の寒村の出身。中学のとき、卓球部の補欠メンバーとして意気投合し、3年間仲良く補欠を続けた間柄。

この当時、瀧本は「三国志」やらマンガの「風雲児たち」やらを愛読する歴史好きの文学少年で、自分で考えた架空の戦国武将の家系図をノートに書いたりしていた。まったくもって根暗である。

一方吉澤はというと当時のロックバンドブームに嵌って、なにやらわけの分からない名前のロックバンドの音楽ばかり聴いていた。しかし楽器は弾けない。本当に単なるオタクである。

ぼくは真面目なだけが取り柄のつまらない男であって、趣味といえばオカルト雑誌を読み漁ることぐらい。ノストラダムスの予言を心から信じている純朴な少年でありました。こっそりスプーンを曲げようとしてみたりね。純真で、愛くるしい事この上ない。

三人して馬鹿なことばかりしていた中学時代はあっという間に過ぎる。この頃はまだ、文学少年だった瀧本も、ロック小僧だった吉澤も、尊敬する人物が矢追純一だったぼくも、短歌などとは無縁の少年時代であった。クワガタ取ったり魚釣ったり「ファミスタ」したりしてた。我々が短歌をはじめるのはもう少し先である。

ならこんな関係ないこと書くなよ、あと藤井いつ出てくるんだよ、という自らの心の声にひどく傷ついたので今日はここまで。次回、続くや、続かざるや!?

あ、それはそうとうちの中学の卓球部は現在、全国大会にも出たりする強豪校になりましたよ。OBとして鼻が高い!(多分学校的にはぼくたちの存在自体なかったことにされていると思うが)

短歌結社ネガティヴ活動記録(黎明編・その1)

折角のブログなので、少しずつ自分のことも書いていこうと思う。

山本左足、36歳。岩手県在住、男。
「短歌結社ネガティヴ」所属(結社といっても実際は単なるど素人集団ですが)。一応副主宰らしいです(笑)
そのほか、最近はTwitterでも短歌など呟いてます。

さて。自己紹介がてら、今回から何回かに分けて、短歌結社ネガティヴの活動記録を書いていきたいと思う。
といってもさほどドラマティックなことは無いのだけども。


えーと、まず、主な登場人物など。
 
 ロンドン太郎    我らが短歌結社ネガティヴの主宰。ぼくとは小学校時代からの幼馴染。
 カリフラ沢ブロッ子 ネガティヴ広報担当及び青森支部長。青森支部に何人いるのかは知りません。同じく幼馴染。
 イマダヤバキチ   主宰の親友。元東京支部長。ぼくと主宰の高校時代の同窓生。

他にもメンバーはいろいろ入れ替わり立ち代りするのだけれど、とりあえず、この3人にぼくを含めた4人の話として進めます。ひとつ言っときたいのは、「〇〇支部長」とかいうのは20代の頃に面白半分で作ったママゴト的な設定の話なので(笑)、本気で言ってるイタイ奴だとは思わないで欲しい、ということ。ああそれともうひとつ、皆の筆名も大概馬鹿なものばかりだけど、そこは大目に見てやってください。馬鹿なんです。

とか書いてたら飽きてきた(笑)ので今日はここまで。続くか続かないかは未知数!

016:力(山本左足)

欲しいのは地上最強の生物からでも君を守れる力

015:図書(山本左足)

武装せよ!図書の有害/無害など他人が決めるべき事じゃない

014:偉(山本左足)

どれくらい偉くなったらともだちになれる(世界大統領とか)?

013:逆(山本左足)

9回112対3から根性で逆転勝ちをしてこそ男

012:眉(山本左足)

下らない事ほど憶えているDr.マシリトの眉が薄い事とか

011:揃(山本左足)

「こち亀」が全巻揃っているという理由で通っている理髪店

010:カード(山本左足)

平民はカードゲームにおいてさえ皇帝に逆らえないきまり

009:程(山本左足)

あのひとの心が射程距離にくる時を待ってるゴルゴのように

008:深(山本左足)

いつか独立国「やまと」になる事を夢みて眠る深海2000

007:驚(山本左足)

驚いた時に「シェー!」って言う癖がやっと治った君の訃報で

006:時代

火の鳥よいつの時代もいつの世も人はかなしいままなのですか?

005:点(山本左足)

0点の答案用紙を隠そうとして掘り当てる地底王国

004:果(山本左足)

最果てを越えていつかはメーテルをしあわせにせよ銀河鉄道

003:散(山本左足)

「G(ジャイアント)・サラバ」はさよならの言葉 はらりはららと散りゆけ櫻

002:隣 (山本左足)

隣人が浅倉南だったなら甲子園にも出れただろうに

001:今(山本左足)

「逢いたいの。今すぐ来て」と峰不二子みたいな声で言うのはやめて

参加します(山本左足)

初参加です。よろしくお願いします。