スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌結社ネガティヴ活動記録(乱世編・その1)

「上の空」という言葉があるじゃないですか。
少し気になって調べてみたら、どうやらもともとは、文字通り空の上のほうを指す言葉だったらしいです。
その後、落ち着かないさまを表すものとして「心空なり」という言葉が出来(仏教用語っぽいですね、雰囲気だけですが)、さらにそれを強調するために「上の空なる心」という風に言うようになったとか。
そういえば競馬用語で、馬がレース中などに気を散らせて集中力を欠いた行動をすることを「ソラをつかう」というらしいですが、何か関係があるのでしょうか。面白いなあ。

・・・あ、違う。こんなことが言いたいんじゃない。

ネガティヴ活動記録だった。うっかりしていた(上の空だった、というネタが言いたかったらしい。でも、あまりにも露骨で面白くないと気付いて止めたらしい。その癖全体を書き直すのは面倒くさいらしい)・・・駄目だなあ。

さて。
黎明編の終了後、友人から「次は未来編なの?それともギリシャ・ローマ編なの?」という質問を受けまして、その時は「火の鳥じゃねえよ!」と応えたのですが、折角のネタ振りなので、乗っかって「乱世編」にしてみました。
内容とは特にリンクしておりません。悪しからず。

ということで今回はこれまでですが、次回からは乱世編です。
高校を卒業してからの我々の足取りを、ひとりひとり列伝形式で追っていってみたいと考えています。
最初に取り上げる人物はカリフラ沢ブロッ子こと吉澤君の予定。

当然、いくら親しくても他人のことですので、分からないところは想像で補うかたちになります。あくまでもフィクションですので、明らかな事実誤認でもない限り本人(モデルの人)からの苦情も却下しますのでよろしく(笑)

あ、もちろん短歌は作りませんのでご安心を!!

というわけで、全国1~数人(ぼくを含む)のネガティヴ活動記録ファンの皆様は次回をお楽しみに(て言うか、一体何人が見てるんだろう、こんなの)。
スポンサーサイト

037:牙(山本左足)

絶・天狼抜刀牙の使い手がまさかトイプードルだったとは

036:右(山本左足)

歴代の防衛大臣達だってみんな読んでる「右向け左!」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。