短歌結社ネガティヴ活動記録(乱世編・その5)

短歌同人誌「ネガティヴ」に創刊号から参加している北村君(仮名)に「マニ車☆光」というふざけたペンネームをつけたのはぼくです。北村君済まぬ。
ただ、☆マークをつけたのが吉澤だということと、最終的に採用したのが瀧本だということは特筆しておかなければなりません。責任者が誰かは確定的に明らかなのです。
あ、マニ車が何か分からない人は各自で調べてね!

というわけで誰が何と言おうと山本左足です。まいど。
本来なら北村君もここで扱うべき重要人物のひとりなのですが、彼は健全な常識人なので、いまいち創作意欲が湧いてこないのです。もっとこう、ドロドロとした闇を抱えてないと。書いていて楽しくない(笑)

そういう意味では今回も(ぼくは)楽しいと思います(というか多分ぼくしか楽しくない)。曲者揃いのメンバー中でも「最も心の弱い男」(by瀧本)、藤井俊也君の話です。長いのでスルー推奨ですよ(笑)

最近の若者にも東京への憧れはあるものだろうか。

情報化社会だなんだと言ったところで、地方と中央との格差は結局どうあがいたって埋まらない。かえって、情報が手に入りやすくなった分、現地に行けない、リアルタイムで体験が出来ないという事に対する欠落感は強くなったのかもしれない。

それでも、今は良い時代だと思う。PCがあればリアルタイムで配信される動画も見れるし、欲しいものは通販で買える。

ぼくたちが高校生だった頃は、そういう事すら夢だった。卒業したのが1994年の春である。ウインドウズ95が歴史的な大ヒットを記録してPCが爆発的に普及し始めるのが名前の通り95年。ちなみに我が家にPCが導入されたのは2009年の事だが、これはさすがに遅すぎるので論外ですね(笑)

ぼくは地元の大学に進学した。「私立の授業料は払えない」と親に明言されてしまい、考えるのが面倒くさくなって「じゃあ岩手大学でいいや」という事になったのである。ノンポリである。
瀧本は秋田の大学へ。「なんで東京に行こうって思わなかったんだろうなあ?」と、後々首を捻っていたが、きっとぼくと同じでなんとなく、ゆるふわな感じで進路を決めてしまったのだと思う。
吉澤は東京へ行きたかっただろう。田舎よりは都会に相応しい男だと思うのだが、家庭の事情もあり叶わなかった。
そして、藤井君は東京へ行った。
進学か就職かもぼくには定かではない。その程度の繋がり・・・というか、当時はまったく繋がっていないのである。
なのでここからは瀧本から聞いた話を基にしたぼくの完全なる創作である。事実と異なる点が多々あります。

藤井君が上京した理由が進学か就職かは分からないが、目的は別のところにあった。
東京へ行きたい、という、それだけが目的だったのだ。
噂では東京にはテレビの民放局が5局もあるらしい。
24時間営業の店があるともいう。
そして、タモリが住んでるらしい。
憧れの街、東京。欲しいものが何でもある、夢の大都会。
・・・だけど勿論、そこに住んだだけで何者かになれるって訳じゃないし、何でもあるって事とそれを手に入れるって事は別の話だ。
憧れはあっという間に現実になる。
それも、自分が望んでいない現実に。
藤井君はバイトを転々としながら、目的と憧れを見失った日々をただふらふらと過ごしていたらしい。
当時田舎では絶対に手に入らなかった様々なものを、借金してまで買い漁ったりしたようだ。そうすることが、東京に居る事の理由になるとでもいうように。
家賃を滞納し、それを誤魔化すために更に借金をした。
それでいて毎晩のように飲み歩き、新宿で、自分と関係の無い酔っ払い同士の喧嘩に首を突っ込んだ挙句ボコボコにされて骨折で入院したりもした。

・・・というような話を、度々瀧本から聞いた。喧嘩で骨折した時は、東京まで見舞いに行ったようだ。

「たぶん、俊也はもう、自分の置かれている現実を自分じゃどうにも出来ないんじゃないかな。東京に居たって良いことないんだから、こっちに戻ってくればいいのに。アイツ最近精神安定剤とか飲んでるんだけど、酒と一緒に飲むもんだからベロンベロンになっちゃって。夜中に電話がかかってくるんだけど、薬のせいで呂律がまわってないし、次の日には電話した事自体覚えてないんだよな。もう、いい加減にして欲しい・・・」

という瀧本の愚痴も東京までは届かず、藤井君は東京でふらふらと日々を過ごしていた。家賃を滞納して大家さんが尋ねてきても、「大家さんがやってきた、ヤァヤァヤァ」などと言って笑っていたそうである(このフレーズ好きです)。

藤井君はやがて都落ちして地元に戻ってくるのだが、それはまだまだ先の話。
今はまだ、憧れが退屈な現実へと変わって、もはや何を目指し何に憧れたらいいかも分からないまま、ゆっくり、ゆっくりと落ちていくところ。
この先自分が短歌を作るようになる事を、彼はまだ知らない。
(乱世編その6へつづく)
スポンサーサイト