スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたらばブログパーツ短歌

うたらばブログパーツ短歌。今回のテーマは「焦」でした。

過去作を当っても一首も該当しそうなものが無いという、苦手な・・・というか普段あまり意識していないらしいテーマで、その分難しかったけど作るのは楽しかった。

あ、因みにブログパーツ短歌というのは今見て頂いているページの右っかわで流れてる・・・、そう、それです。クリックすると「うたらば」のホームページに行けますので良ければ行ってみて下さい。良い歌がたくさん読めますよ。

さて。まずはぼくの投稿歌をざっと並べてみます。

じっくりと煮込む(焦げ付かないように時折そっと愛を注ぎ足す)

間に合うか間に合わないか計算をしているうちに手遅れになる

北風と太陽ならば太陽になってあなたを焼き尽くしたい

トーストの焦げをバターで塗り潰す 嘘は上手につく方が良い

焦点を君に合わせて燃え尽きて灰になるまで見つめていたい

友人を慰めつつも焦げてゆくカルビばかりを目で追っていた

インタビューなんか要らない梅雨なんかいらない早く本番になれ

焦がすだけ焦がして沈みゆく夕陽 昨日も今日も返信が無い

思い出になるんだろうねマルボロに爆撃されたこの絨毯も

青春のアイコンだったポスターで隠した壁の焼け跡こそが

焦らないというかそもそも絶対にウサギなんかと競走しない

信号が黄色の時に右、左どちらを踏むかで決まる人生

あの人の記憶が蘇るたびに繰り返される焦土作戦



以上、今回は13首詠みました。
ほぼ即興で作っているので、今見ると手直ししたいものが沢山あります(汗) あとでこっそり直して再利用しよう。

投稿総数は342首ということでした。前回の「雨」が500首を越えていた筈なので、それに比べるとやや少ない(それでも多いけど)。ぼく以外にも苦手な人が多かったのでしょうか。「焦らす」とか「胸を焦がす」とか、恋歌に繋げられそうなキーワードもあることはあるので、そういうのが得意な人にはやりやすいのかなあ、と思っていたのですが。まあ、「胸を焦がす」はありきたり過ぎていい歌にするのは大変そうですね(笑)

ということで、今回もなかなかの倍率の高さだったのですが、ありがたいことに二首も採って貰いました。

「トーストの~」と「友人を~」の二首です。このページの右上に流れてる・・・、そうそう、それを見ていると定期的に流れるのです。約一ヶ月間ですが。

採用されたのはどちらも「焦がす」歌ですね。自分でも意外ですが、火遊びは得意なのかもしれない(笑)

ブログパーツの歌はホームページからでも投稿できるのですが、それ以外にツイッターからも投稿できるようになっていて、ぼくはそれがとても良い試みだと思っています。大勢の人が同じテーマで様々な歌を作り、それを選者以外の人間も見ることが出来る。当然ながら、選から漏れる歌の中にも秀逸なものがたくさんありますし、なにより、同じテーマの歌をたくさん読んでいくと、自分には思いつかない発想の歌や、似た発想で自分とは逆の結論に達している歌など、ひとりで作っていると出会わない歌に接する事が出来る。とても勉強になります。

というわけでぼくも日々出来た歌はツイッターから投稿するようにしているのです。いつもいつも十首以上になってしまって、「こいつ必死か!?」と笑われやしないかとビクビクしている訳ですが。ああ、必死さ!

次回のテーマは「音」だそうです。ホームページから投稿すれば人目に触れないので初心者でも安心!何か思いついたら試しに投稿してみると良いのです。

昨日の記事にも書いたように最近短歌熱が再燃しておりまして、その大きなきっかけになったのがうたらばへの投稿だったのでちょっと熱くなってしまいました。いろいろ宣伝したので、うたらばから賄賂でも貰いたいくらいです(嘘です)

そういえば何故か今回は全編です、ます調でお送りしました。まあ、そういう気分の夜もあります。では、また。

付記:「友人を慰めつつも焦げてゆくカルビばかりを目で追っていた」が表紙フォト短歌に選ばれました!
ぼくの歌に良い感じの写真を付けてもらってます。ホームページに行って見てもらうと嬉しいです。今すぐブログパーツをクリック!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。