スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『おおかみこどもの雨と雪』の感想など

おばんです。

今回はこの間見てきた映画の感想文です。短歌にまったく関係の無い文章を書くのははじめてだなー、そういえば。

えー、まず当たり障りのない話から。
今回は火曜日、夜8時からのレイトショーで見てきたのですが、お客さんが少なかった。全部で十人くらい。話題作なのでもっと大勢見に来るかと思ったのですが。意外。最近は大画面テレビ+ブルーレイが当たり前になってきて(ド貧乏なぼくの家には無いけども)、わざわざ映画館に足を運ぶ人は少ないのでしょうか。

もっとも、こんなことを言っているぼくも今年二回目?くらいです、映画館行ったの。十年前は年30本くらいは映画館で見ていたものですが・・・。今は年5~6回です。今年はもっと減るかも。ダメだなあ。

そんな数少ない貴重な映画鑑賞、今回は細田守監督の『おおかみこどもの雨と雪』です。最初に結論だけ書いておくと、とても良い映画でした。アニメファンのみならず全映画ファン必見の傑作(言い過ぎか?)。おすすめです。

(というわけで以下感想です。内容にガッツリ触れてますので、なるべく映画を見てから読むことをお勧めします)


この映画、タイトルはこどもの名前になってますが、実際の主役はふたりのおおかみこどもを育てる母親の花です。彼女の一代記(というには若干期間が短いですが)という感じ。
ごく普通の大学生だった花が、学校で知り合った男と恋に落ち、やがて同棲→妊娠、と、当たり前の恋愛ドラマの体で話は進みます。ただひとつ普通と違うのは、奥様は魔女・・・ではなく、彼氏が狼男だった、ということ。

おなかを痛めて産んだふたりのこどもにも、父親と同様、おおかみに変身する能力が備わってしまいます(満月の時に限りません)。子育ての為に大学も辞め、これからいろいろと大変だーというその矢先、頼みの綱の彼氏が水難事故で死んでしまう。ああ、どうしよう!
・・・とまあ、ここまでが長いプロローグのようなもの。

こどもを産んでからあまり家に居つかなくなった彼氏は、結局おおかみの姿で川に倒れているのを発見され、害獣処理みたいな感じでごみ収集車に回収されてしまう(改めて書いてみるとなかなかショッキングだなあ)わけですが、この辺りの描写は少し分かり辛かった。
おおかみのオスは家族が出来ると狩りに出て家に戻らなくなったりする、そういう習性があるのだろうか。

彼氏が死んでからの花を取り巻く環境は相当ハード。例えば病気になっても医者に連れて行けない(おおかみ化してしまうため)、予防接種も受けさせてやれない、挙句そのせいでネグレクトを疑われてしまう。度々夜泣き(というか、夜鳴き)しては近所迷惑だと叱られ、遠吠えをしてはペットを飼っていると疑われ・・・と散々。この辺、実にシリアスです。こどもが見るにはキツイかも。

子育てで大変な思いをしたことのあるお父さん、お母さんには共感できるのか、反発するか。ぼくには経験がないので分かりませんが、花はあまり子育ての上手い母親ではないと感じました。それでも、下手で不器用なりにこどものことを思って一所懸命なのが良いなあ、とも。

ひとつ疑問だったのは花の親戚の話がほとんど出てこないところ。父子家庭であることや、父親の葬儀の話は序盤で出てくるのですが。
あそこまでキツイ状況に追い詰められたら仲の良い親戚でも頼りそうなものなのに、そういう話(そうしない理由)が全然出てこないのは不自然な感じがしました。葬儀の時のエピソードから、あまり親戚付き合いが無さそうな感じではありますが・・・。

それから、花の父が生前、花に「どんな時でも笑っていれば何とかなる。いつも笑っていろ」みたいなことを語っていた、と、花が彼氏に話して聞かせるシーン。

これは、個人的にはこの映画を見る上での最重要シーンのひとつだと思うのだけど、あまりにもあっさりと片付けすぎだと思う。もう少し印象に残るように出来なかったか。このセリフが有るか無いかで花というキャラクターがまるで違ったものになってしまう、彼女の生き方を知る上で絶対に欠かせない場面だから、中盤~終盤にかけてもう一回くらい回想シーンとして出してくるくらい念を押しても良かったのでは(しつこいかもしれないけど)。

まあ、韮崎のおじいちゃん(田舎に移り住んだ花をあれこれと世話してくれる人。声は菅原文太)との絡みで「いつもへらへら笑ってる」というのが出てくるから大丈夫かな。ぼくもちゃんと記憶してるし(セリフは適当だけど)。

長くなったので後は足早に。

人目を避けて田舎に移り住んだ後の人物、風景描写はともに見事。自然風景の描き方など、昨今のジブリ以上かも。ただ菅原文太はあまりにもそのまま過ぎて、声優としてはどうも・・・なのだけど、韮崎というキャラクター自体が菅原文太をアニメ化したみたいな外見と性格の人なので何とか大丈夫でした(笑)

後半は雪と雨、それぞれの自我の目覚めと人生の選択ーつまり、子育てから子離れへと進むのだけど、それが上手に行かないのはこどもも親も一緒。

おてんば娘だった姉の雪は学校に通う中で人間として生きる事を選択し、内気な弟雨は森の長老だった狐の死をきっかけにおおかみとして生きる決意をする。

おのれの変化を戸惑いながらも徐々に受け入れて行くふたり。

一方、ふたりの気持ちを尊重したいと思いつつ、子どもの成長を素直に受け入れられない花。この辺の機微の描き方はとても丁寧で良い。たった二時間の映画とは思えない濃密さ。

例えば、中盤、まだ幼くて甘えん坊の雨が、絵本を読むとおおかみはいつも人間に殺される悪役だ、と言って泣き出してしまうシーンなどは、さらりと描いているのだけど、良く考えると既に人間よりもおおかみに感情移入している事が分かる。終盤へ向けての伏線になっているわけである。上手いなあ(良く考えなくても分かるって?ほっとけ)。

それから姉弟げんかのシーンなども、会話からけんかへの移行がとても自然でリアル。お互いが相手を「人間よ!」「いや、おおかみだろ」と罵り合うところなど、相手を貶めることで自分の正当性を主張しようとするところに、アイデンティティを確立出来ていない思春期の危うさが出ていて、良い(どちらも小学生だけど・・・。おおかみは成長が早いのだと解釈しました)。

そして三者三様のラストシーンへ。雪が初恋の男の子に自分がおおかみ女である事を告げるシーンは切なさと甘酸っぱさ(恥)で苦しくなるし、雨が母と別れて森へ走り去るシーンはそれまでの描写が丁寧であったぶん胸に迫る。

しかしやはり最後の、雨を見送る花の笑顔である。

ここで前半のフリ・・・「どんな時でも笑う」が生きる。
ここでの花の笑顔は、単なる祝福などではなく、悲しみも苦しみも辛さも、すべてを含んだものである。ポジティブなものもネガティブなものも、すべてを笑顔に変えて、彼女は笑うのだ。このシーンは、本当に素晴らしい。

花役を演じた宮﨑あおいをはじめ声優陣の演技も素晴らしかった。今年度を代表する日本映画の傑作なのは間違いないと思う。

一銭にもならない(苦笑)レビューをこんな真面目に書いてしまう程度には好きな映画です。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。