スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短歌結社ネガティヴ活動記録(乱世編・その10)

随分とご無沙汰でありました。まいど、山本左足です。

乱世編を中断していた理由はいくつかあるのですが、最大のものは面倒くさかったということに他なりません。万が一続きを期待している人が居たとしたら済まぬ。

しかし、いくらフィクションと銘打っているとはいえ、やはり実在の人物をモデルにした話ではダイナミックな嘘もつき辛く、何となく事実を羅列しただけの感じになってしまった。改めて読んでみたけど見事につまらない(笑)反省してます。

そういえば、念願の『短歌雑誌ネガティヴ-12號を無事発行できました。

本来なら新刊の発行前にあらかた書き終えている予定だったのです。それに間に合わなかったのもモチベーション低下の一因ですね。まったく、何故こうなった。

とか言ってても始まらないので久々に再開です。今回は山本左足編その1。

余り長くならないようにします。


少し幼少期の話をしたい。

ぼくは岩手県の片田舎に三人兄弟の次男として生まれた。
それはもう天使のように愛くるしく、病的なまでに人見知りをする子どもでありました。
好きなことは読書と昆虫観察と妄想(笑)ひとりでひっそりと遊んでいるのが好きで、友達を大勢作ってわいわいと騒いでいる兄や弟とは正反対の性格だった。

あまり活発に活動しないから食も細く、兄弟の中では際立って貧弱な体格。弟にも、一度も喧嘩で勝ったことが無い。

そんなぼくの事が、母にはとても気がかりだったようだ。

母は学の無い人間で、文章を書かせても訛ってしまうような人だけど、しっかりとした性格で、子どもを思いやる人だ。そしてとても気が強い。

彼女には「自分には学は無いけれど、それでも子ども三人どこに出しても恥ずかしくない立派な男に育てて見せる!」という強烈な決意があった(ちなみに父が無いわけではなく、単身赴任で普段居なかっただけです。念のため)。

母は事あるごとにぼくに言った。「世の中には勉強よりも大事なことがある。本を読んでいても経験できない事がたくさんある。もっとお兄ちゃんや弟を見習って、友達を作って外で遊びなさい」と。

正論である。ぐうの音も出ない。

しかし困ったことにぼくは人間関係が不得意だった。人見知りだったし、酷い妄想癖があった。

運動も苦手で、ほかの子達と同じように動けない。野球でもサッカーでも、下手すぎて仲間はずれだった。

本ばかり読んでいたお陰で、学校のテストなんかではそこそこ優秀な成績をとるのだけれど、母曰く「学校の勉強が出来るのなんて大したことじゃない。お前はもっと身体を鍛えたり、人と接しなきゃだめだ」と。

母に悪気が無いのが分かるだけに性質が悪い。正論なだけに始末におえない。

得意なことを褒めてもらえず、苦手なことばかり責められる。そういう気分だった。

食の細さも母を悩ませていたらしく、ある日からぼくの餌付け(笑)が始まった。もう食べられないと訴えても許してもらえず、ただただご飯を食べさせられた。

兄や弟はスポーツも活発にやるからいいんだけれど、ぼくはとにかく文弱の徒である。積み上げられたカロリーを消費する術も無く、ぼくはひたすら太りに太った。

かくして、十歳になる頃には、どこに出しても恥ずかしい根暗デブの完成をみたわけである。

男子からは馬鹿にされ、女子からは忌み嫌われた。家族からも駄目出しをされ続けたせいで自尊心など持ちようもなく、どんどん卑屈になり、生来の妄想癖にも歯止めが効かなくなった。

そしてそのまま思春期へとなだれ込んだのである。そりゃもう大変である。

ぼくは一生、女の子から相手にされないまま、恋愛も結婚もできずに死んじゃうんだろう、と本気で思った。世の中の女子という女子が、好きで嫌いで憎らしかった。

幼少期のトラウマというのは圧倒的で、正直今でも女性嫌いが少し・・・。あ、もちろん性的にはノーマルですが(だから余計に悲しい)。

生きていてもしょうがないから死のうと思った。急性アルコール中毒というので人が死ぬことがあると知って、父の日本酒をコップ一杯一気飲みしてぶっ倒れた。もちろん死んだりはせず、両親には「水だと思った」と嘘をついた。

小学六年の、夏だった。

(乱世編その11につづく)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。