スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

020:嘆(山本左足)

感嘆符と化して誰かと手をつなぐあなたの顔をずっと見ていた
スポンサーサイト

019:同じ(山本左足)

こんなにも違うものかよ同じ時代に同じ男として生きてきて

018:闘(山本左足)

健闘を称えてくれるその顔を力一杯ぶん殴りたい

017:彼(山本左足)

彼氏でも彼女でもないぼくたちの喉を通っていく温い酒

016:仕事(山本左足)

一日の仕事を終えて眠るとき我らの上に光るもの在り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。