005:返事(山本左足)

いつまでも返事を待っているだけの幼い恋であった 思えば
スポンサーサイト

004:瓶(山本左足)

そしてまた夏は静かに過ぎ去って空き瓶だけがすっくりと立つ

003:育(山本左足)

僕たちは勝手に育ってきたんだと思う夜更けのマクドナルドで