スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイアイ

解答欄ずっとおんなじ文字並び不安だアイアイオエエエエエエ くどうよしお

うたらばブログパーツ短歌「解」より

おばんです。

相変わらずおちんこ見がち、もとい落ち込みがちな毎日を過ごしてますが、今日はちょっと嬉しいニュースがありました。

うちの甥がスポーツ推薦で無事地元の高校に合格したそうです。良かった。

兄のところには子供が三人居て、長女は舞踊の大会で優勝して地元のテレビで特集されたりしていたし、次女は卓球でインターハイに出場したりと優秀で、しかもどっちも現役で国立大学に合格するほど頭も良かったものですが、歳の離れた末っ子長男の甥は甘やかされて育ったせいかどうもパッとしない…、いやスポーツは推薦されるぐらい優秀だし真面目にやってるんですが、勉強のほうがまったくアレで。病気療養と称して年末年始一ヶ月くらい実家に厄介になっていたのですが、その間勉強しているところをついに一度も見なかったぐらい、どうやら本格的に勉強嫌いの様子。要らぬお世話と知りつつも「勉強見てやろうか」と度々声をかけたのですが煙たがられるばかり。いくらスポーツ推薦とはいえ大丈夫かしら、と心配していたのですが何とか引っかかったようで、本当に良かった。

叔父というのは、親戚とはいえ子供の教育には別に関係が無いので、ただただ可愛がってればいいだけの非常に楽でおいしいポジションだと思う。優秀だろうがぼんくらだろうが、俺にとっては別にどうでもよくて、どの子も同じぐらい可愛いんですが、姉が優秀だと劣等感を抱いたりしないものか、と、兄弟のなかで一番ぼんくらだった俺としてはその点がちょっと不安に感じたりもします。まあ、今のところ姉二人とも仲良くやってる感じなんで、余計な心配かもしれませんが。男兄弟と姉⇔弟、という関係とでは感じ方が違うのかも。あとは弟(妹)が居ないというのも大きいかもしれない。俺の場合、二歳下の弟と比較されて「お前は劣っている」と家族に言われ続けたのがキツかった。なので俺としては、今日このブログに書いたような「姉二人は優秀だったのに」的なことだけは絶対に言わないように気をつけて接していたつもり。

「絶対叱らない(危険な事をした時以外)、絶対貶さない、とにかく褒める」というのが、若い頃に決めた小さい子どもに接するときの自分ルールで、それは一応守れていた筈だと(自分では)思ってます。これが自分の子どもなら当然叱ったり、場合によっては叩いたりする必要もあると思いますが、叔父にはそんな責任は無いのでただただ可愛がる。子ども好きにとっては一番いいポジションですね、きっと。

さて今日の短歌。この短歌の一番のポイントは四句目にあると思うのです。結句の「オエエエエエエ」が嘔吐の擬音にもなっていて、そこに工夫があるわけですが、でも、例えば四句目を「とても不安だ」とかに置き換えたら、この歌の良さは半減してしまう。結句の工夫が逆にあざとく感じられてしまうのです。上の句はほぼ定型(一句目は六音ですが、語尾の「ん」は発音的に意識されないことが多い。「新幹線」なんかも、五音に感じられませんか)に収まっているのに対し、四句目は八音になり、かつ、意味の上でも「不安だ/アイアイ」と句の途中に切れ目が生じているのですが、その定型が崩れるさまがまさに「不安だ」という感情とリンクしていて良いと思います。改悪例で出した「とても不安だ」だと、定型に沿っているにも関わらず(というか、それゆえに)不安さが出ない。そして「アイアイ」が良いんですよ。これが前フリになっているおかげで、大オチの「オエエエエエエ」が最大限に生きる。きっと誰でも経験している、いわゆる「あるあるネタ」みたいな短歌ですが、単に「そういう事あるよねー」で終わらせないエンターテイメント精神が素晴らしいです。

ちびっこだった甥も春から高校生ということで、俺もいつまでもおちんこ出てばかり、もとい落ち込んでばかりも居られないと思ってます。もうちょっとしっかりしなければ。いつか甥や姪に見られるかもしれない記事を書くときに限っておちんこおちんこ言っている場合じゃないんですよ、まったく。俺も下ネタに頼らないエンターテイメント性を身につけたい。

というわけで今日はここまで。おちんこ出るときは美味しいものを食べてたくさん寝るのが一番、ということで、とりあえず飯を食います。では、おやすみなさい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。