スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏のおわりに

おばんです。月末が締め切りの原稿がまったく進んでない山本左足です。

短歌を12首作らないといけないのですが、数日格闘した結果あと12首足りない、というところまで来たので、まあ順調に停滞中ということで。

気晴らしにツイッターを眺めたりしていたら、久々にちょっと書きたいことが出てきたのですが、ツイッターに書くには長すぎるのと、以前も何度か似たようなことを書いている筈なのでこっちに書いとくことにしました。

足が遅いことがコンプレックスだった。
どのくらい遅いかというと、小一から高三まで、出場した競走は短距離・長距離を問わずすべて圧倒的な最下位だったほど。小学校五年生だか六年生だかの時、学年の女子で一番足の遅かった子と100m走で勝負してまあまあ大差で負けたほど。
跳び箱も跳べなかったし(今も跳べない)、逆上がりも出来なかった(今も出来ない)。運動能力は全体的に劣っていたが、その中でも走力は人一倍劣っていた。

まあそれでも、運動会や体育祭はまだマシです。チーム対抗戦だから、クラスの運動ガチ勢が結託して「アイツを出すと負けるから、極力レースに出さないようにしよう」という話になるので。大勢に影響しない競技にいくつか出て、あとは眺めてるだけでよかった。それに比べると、年に一回ある校内マラソン大会はまあ辛かったですね。何が辛いってアレですよ。今でもあるのだろうか、あの「○年生最後のランナーです!みなさん、拍手で迎えましょう!」ってアナウンスされるやつ。全校生徒の前で晒し者にされる、例のやつ。「健闘を称えて」みたいなお題目なんでしょうが、実際そういう気持ちで拍手してる人なんか居やしないんですよ。これを読んでる皆さんも身に覚えがあるでしょう(拍手する側として)。
あれは辛かった。苦手ジャンルで醜態を晒している無様な姿を全校生徒に見られるわけですから。「あんなの恥ずかしくて耐えられないよ。俺だったら絶対自殺するね」と聞こえよがしに話してる同級生が居たりして。情けなくて情けなくてねえ。
こっそり家の周りを走って練習したりもしました。でも、そもそも運動能力が低いので焼け石に水。仕舞いには走るという行為自体がトラウマみたくなってしまい、(走ろう)と思っただけで心臓がドキドキしたり汗が噴出してきたりするようになってしまいました(人前だといまだにそうなります)。

いざマラソン大会が近づくと、数日前から眠れなくなり、ご飯も食べられず、一日に数回トイレで胃液を吐いてました。いやマジで。それでも休むと「ビリになるのが嫌で仮病を使った」と同級生に陰口を叩かれるので、それが嫌で頑張って出てたのですが、一度どうしても無理で見学させてもらったことがありました。
すると、不思議なもので・・・いやまあ今にして思えばさほど不思議でもないんですが、見学と決まった途端に体調が回復して、クラスメイトが走り始める頃にはほぼ平時と変わらないまでになってしまいました。めでたしめでたし、とは勿論ならず、その後に来たのは(体調が悪いなんて気のせいだったんだ。本当は何ともなかったのに休んでしまった。俺は最低の卑怯者だ)という強烈な自己嫌悪。
その自己嫌悪をもう二度と味わいたくなくて、翌年は強行出場したのですが、ゲロ吐きながら走ってたところを止められて保健室に搬送されるという始末。もっとスポーツマンになりたかった。
(またビリになってあんな辱めを受けるくらいなら、もう死んでしまいたい)と思ったことも何度かあります。当時の自分にもう少し行動力とやる気があったら実行していたかもしれない。ダメ人間でよかった・・・かどうかは定かでは無いですが。

さて、何だって突然こんな話を長々書こうと思ったかというと、「夏休みが終わる時期に自殺する子どもが多い」というのを度々目にしたからです。「学校行きたくねーなー、嫌だなー」というのは、この時期日本中の全学生が思っていることでしょうが、その思いが度を越して心身に変調を来たすまでになったら、無理せず親や教師に相談してほしい。相談された側も「どうせ学校に行きたくない一心で仮病を使ってるんだろう」なんて決め付けずに相手してほしい。まあ実際「学校行くのかったりーから嘘ついて休んでスプラトゥーン2やってよ」というケースもあると思うんで、見極めは難しいところではあると思いますが・・・。

最後にひとつ言わなくてもいいことを言っておくと、一ヶ月も休みを満喫していながら学校には行きたくない、というのは、どんな理由があってもやはり良くない事だとは思います。でも自殺はもっと卑怯だと思うので。卑怯者として死ぬよりも、捲土重来を期して生きているほうがいいです。たぶん。

生きてればいつでも死ねるでも死ねば生き返れない だから生きよう

大昔作った下手な短歌で無理やりまとめw まああれだ、生きてれば良いこともあるかもしれませんしね。俺には無かったけど。いやこれからあるんですよきっと。もう40歳過ぎたけど。まだこれから良いことがあるんですって!まだ!これから!あるんだってば!!!

はー、死にたい。

まあそんなこんなで皆さん良い秋を。おやすみなさい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。