スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のあれこれ

こんばんは。涼しくなって、ようやく少し頭が回転するようになってきた山本左足です。まいど。

しかし、季節がひとつ過ぎるたびに、やり残した事があるような気がしておセンチな気分になるのはいかがなものでしょう。いい加減慣れないものかなあ。

さて。最近の短歌関連でいくつか。

『短歌研究』10月号の「うたう☆クラブ」でうたう☆クラブ賞をいただきました。

はつ夏の風を遮るこの重い眼鏡を外せば見えてくる海

なみの亜子コーチから素晴らしい選評をいただいて嬉しかった。眼鏡によって何かを遮られている感覚、ありますよね。

それから、NHK短歌『短歌de胸キュン』花火大会の回で佳作にとってもらいました。

光るからじゃない光って消えるから美しいのだ花火も恋も

おっさん、頑張ったよ(笑)

N短にもちょくちょく送っているのだけどまだ採用されたことがありませぬ。無念。当面の(というか生涯の)大目標です。

最後に歌会たかまがはら。8月号で3首採用してもらいました。お題は「本」です。

本棚を「人がすぐ死ぬの」と「あとのほうで死ぬの」に分けて整頓

この中のどれを読んでも人が死ぬ「ミステリー今月のオススメ」

思い出のカケラのように箪笥から出てくる十年前のエロ本


人が死ぬ本ばかり読んでいるんだなあ(苦笑) 一首目の歌はUstreamの放送内で採り上げてもらいました。嬉しい。

今回の自慢話はこれまで!次回はうたらばの投稿歌(ブログパーツ二回分)アップします。ではまた。
スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。