スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鈍く輝く!ベストツイートアワード2014 part.1

【CM】♪漏斗 漏斗 漏斗~ 漏斗 漏斗 漏斗~ 漏斗で~突~く~

『鈍く輝く!ベストツイートアワード2014ー!!』

さあ始まりましたベストツイートアワード!わたくし司会のギャロップ午田です!そして!

アシスタントの羊田メイです!よろしくおねがいしま~す!

さあではメイちゃん、ぽか~んとしている皆さんの為に趣旨説明をお願いします。

はい!今日は年末特別企画として、山本左足さんがツイッターで一年間に呟いた珍言、奇言、嘘や妄想などの中から、変わり者のフォロワーさんにリツイートされたりお気に入りにされたりしたものを晒して笑いものに・・・、じゃないですね!山本左足さんの名言とともに一年を振り返ろう、という企画で~す!パート1の今回はひとり言部門、明日のパート2は短歌部門を予定しています!

一部音声が乱れたことをお詫びします。集計はかなり適当に、リツイート、お気に入り、それぞれを各1点とした合計点数で順位を出しています。
さて、それでは早速一月から見ていきましょう!メイちゃんよろしく。


はい!田中将大投手がメジャーリーグのニューヨークヤンキースと総額1億5500万ドルという超大型契約を結んだこの月、左足さんは、元日から無意味に落ち込み、飲んだくれ、短歌が出来ないと嘆き、かと思えば唐突に
「おおロミオ、あなたはどうしてロミオなの?」「ggrks」
などと意味不明な発言を繰り返すなど、非常に不安な滑り出しとなりました。また4日に仙台で行われた短歌関係の新年会でも、情緒不安定な振る舞いで周囲をドン引きさせた、と勝手に思い込んで、思い出すたびに一人部屋で体育座りをしていたそうです。
そんな山本左足さんの一月のベストツイートがこちら!


自己肯定できずに育つと、いつしか自分の立ち位置を「嫌われ者」と規定して、集団の中では自然とそのポジションをキープしようとするようになる。そして、たまに好意を向けられると、ポジションを失うことに対する不安と恐怖に駆られて心にも無い言動に出る。嫌われると、深く傷つきながらほっとする。

・・・暗っ!新春から暗い!本人曰く「俺よりも、この呟きを気に入ったフォロワーのほうが暗いんじゃ・・・」ということでした!

ありがとう!ここまでで既にソー・ロング。さっさと二月よろしく!

はい。世間が佐村河内守と羽生結弦に夢中だったこの月、左足さんは毎年の恒例行事としてバレンタインデーに対する罵詈雑言を無我夢中で呟いて、いや叫んでいました。しかしベストツイートはバレンタインとは関係ありません。こちらです!

冬の夜が好きだ。誰も居ない街が好きだ。誰も照らさない街灯が、誰も守らない信号機が、誰も渡らない歩道橋が好きだ。足元を走り去るトラックが好きだ。無灯火の自転車だって好きだ。ゴミを捨てにくる奴は嫌いだ。書き割りみたいな月の下で飲む缶コーヒーが好きだ。自分のことは嫌いだ。君は好きだ。

ポエムです!おっさんのポエムwワロス!

OKナイスポエム!三月に行こう!

消費税率アップを翌月にひかえ、何かと慌しい年度末、左足さんは新潟県で行われた「空き瓶歌会」のゲスト選者という大役を仰せつかったものの、現地に赴く勇気もないまま、ネット上に感想文だけ公開して、部屋でリアルにがくがく震えていたそうです。ベストツイートはこちら!

帰路、信号待ちしていたら通りかかった酔っ払いの兄ちゃんに「ねー、なんで左右別々の靴なの?ウケんだけど」と言われたので、「右が今日のラッキーカラーで、左が明日の。もうすぐ日付が変わるからね」と応えた。「ウケるー!」って言ってた。楽しんでいただけて何よりw

精神的にアレな山本左足さんが、左右別々の靴を履いて出かけてしまう、という奇行をおこなった時の珍事件ですね。ちなみに、靴を別々に履いての外出は実はこれが3回目だそうです。もう、いろいろと手遅れですね!

Oh、三月馬鹿!じゃあ引き続き、四月馬鹿のベストツイートもよろしく!

はーい!SMAPならぬSTAPの小保方リーダーにアイドル的な注目が集まる四月。いよいよ本格的にプロ野球シーズンとなり、もう短歌とかどうでも良くなった左足さん。「フォロワーが減った。何故だ!?」としょっちゅう嘆いてますが、自分の呟きがクソつまらないからだということには気づいていないご様子。六月と並んで最低点数でのベストツイート。それがこちら!

以前も書いたことだけど、俺の精神構造はチョロQみたいになっていて、後ろ向きに進みながらゼンマイを巻く→そのエネルギーが何かのきっかけで推進力に変わって一瞬前に進む、という大まかな流れになっている。

昔書いたことをそのまま繰り返しているだけ!無意味!無意味な四月!

ん~、まだ半年分も終わらないうちに断言するべきじゃないかもしれませんが、この企画、ミステイク!気を取り直して五月へ行こう!

チャゲアスのアスカがSAY YESしちゃった五月。左足さんは短歌研究新人賞に出すための歌稿を纏める作業に疲れ果てて、ガリガリくんを貪り食っていた模様です。神頼みも空しく、今年も二首掲載でしたねw ドンマイw ツイートはこちら。

高校生のスポーツでサッカーが一番メジャーな競技になったら、短歌甲子園じゃなくて短歌国立競技場という名称になるんだろうか。

なんないと思うよ。ふたつの意味で。

もはや完全に自虐企画。発掘、過去の赤っ恥!六月に行っちゃおう!

世間はサッカーW杯一色!でも左足さんは鬱まっしぐら。仕事帰りに「もうどこにも行きたくない、家にも帰りたくない、何もしたくない、今すぐここで死にたい」とか言ってます。男なら、不言実行だゾ!それはさておき、都議会で下品な野次を飛ばしたオッサンのことをいろんな人が下品な言葉で罵っていたのもこの月ですね。ツイートはこちら!

「あ!?君づけとかてめぇマジ舐めてんのかよ!『ガリガリさん』だろうが!!」

・・・意外と元気そうじゃない。てかどんだけガリガリくん好きなの?ジャンキーなの?SAY YESしちゃうの!?

ガリガリくんは、食べ過ぎない限り人体には無害です!七月!

自称芸術家が3Dプリンタでコピーした・・・マン、PにGスポ・・はあるかという話題が一瞬世間を賑わせた七月。いろいろお騒がせの短歌研究新人賞が発表されて悲喜こもごも。それはいいんだけど、かすってもいない左足さんまで何故か落ち込んでいました。だから二首掲載だってば。ツイートはこちら!(ちょ!この原稿書いたの誰よ!?完全にセクハラじゃない!・・・左足?左足なの?)

盗んだ俳句を賞に出す 宛先も分からぬまま 迂闊にも本名のままで 定型に縛られたくないと 逃げ込んだこの夜に 自由律になれた気がした 575の夜

・・・これは良いじゃない。

Oh、メイちゃんツンデレ!八月よろしく。

夏の全国高校野球大会が開催されて、例年ならいよいよ野球のことしか言わなくなる季節。ですが今年の左足は意外と短歌づくし。二回目の東北歌会に大遅刻したり、こっそり見に行った短歌甲子園で一回り以上歳の離れた相手に話しかけられてキョドッたり!大丈夫、誰もお前のことなんか眼中に無いゾ!ツイートはこちら!

やっぱり俺も高校生の頃に短歌を始めたかったなあ。そして盗んだ俳句を賞に出したり、束ねた短冊で夜の校舎窓ガラス壊して回ったり、軋むベッドの上で優しさを持ち寄ったりしたかった…!

また尾崎!?ネタの使いまわしが酷いわ。だいたい今の高校生はあまり知らないんじゃないですか?あたしだって・・・、ギリギリ、知らないし。うん。年齢サバ読んでなんか無いわよ!

そんなことより、俳優のロビン・ウィリアムズさんが亡くなられたのも八月でしたね。ご冥福をお祈りします。九月へ行きましょう。

はい!第2次安倍改造内閣が発足した九月。テニス全米オープンの決勝進出という錦織圭選手の快挙に日本中が沸き立つなか、左足は盛岡のいしがきミュージックフェスで見た竹原ピストルが良かったと力説して、なんか暑苦しい感じになってました。なお、テニスは見てないそうです。この非国民め!ツイートはこちら!

オザケンが雑誌のインタビューで「三流SF文庫が好き」みたいな話をしているのを読んだオーケンが(これは三流じゃなくてサンリオと言ったんじゃないのか?)と思った、みたいな話を何かのエッセイで書いていたような気がしないでもない、と思いつつ『サンリオSF文庫総解説』をちらっと立ち読み。

本人曰く「曖昧な記憶に頼って書いた不確かな情報なのに、SFファンの人たちに沢山リツイートされて軽く泣きそうになった。家に帰って確認したら、『猫を背負って町を出ろ!』(角川文庫)の168ページに、

(前略)「ホットドックプレス」誌の小沢健二インタビュー。彼の愛読書が「三流SF文庫のフィリップ・K・ディック」とあるが、こりゃアンタ「サンリオSF文庫」の誤植だろう。(以下略)

と書いてあって、九死に一生を得る思いだった。あまりテキトウな事は言わないほうがいい。あと、『サンリオSF文庫総解説』は買ってない」ということでした。ふーん。


OK!デーモン・オーケンのラジオ巌流島!十月にGo!

プロ野球のペナントレースが終了。楽天イーグルスが最下位になり、絶望に沈む左足。もう何の生きがいも無いみたいなことを言いながら、舌の根も乾かないうちにクライマックスシリーズだのドラフト会議だのまあ喧しい。あ、あと『短歌雑誌ネガティヴ』-15號がついに発行されました!待っててくれた皆本当にありがとう!大好き!左足さんのベストツイートはこちら!

愛してくれなきゃいたずらするぞ!

・・・へ?これってあの、ハロウィンの?・・・。百歩譲って、愛し合ってる相手にいたずらするならまだしも、愛してくれない相手にいたずらするの?いたずらって・・・。えぇ・・・。気持ち悪い・・・。

ワオ!セクシャル・ハラスメント!・・・じゃないと思うよメイちゃん。可愛らしいいたずらだよきっと。十一月、よろしく。

はい。十一月十日に高倉健さん、二十八日に菅原文太さんと、日本映画の黄金期を支えた名優が相次いで亡くなられました。ご冥福をお祈りします。
二十一日には第2次安倍改造内閣が解散。「アベノミクス解散」と言うらしいです。
えーと、アレのあれは下のソレです。


作品と作者は分けて考えるべきだとは言っても、やっぱり結びついている部分も相当あるわけで。作品を通して(受け手の中に)描かれる作者像なんてものはほぼ幻想なんだけど、作者はその幻想をある程度まで引き受ける覚悟が必要なんだと思う。

これに関して本人は「旬の話題に乗っかりたくてつい・・・。そもそも自分自身がそんな覚悟を持っていないのに、軽々しく言うべきじゃなかったかもしれない」と弱気のコメントを残しています。

メイちゃん、腹式呼吸!腹から声出していこう!最後だから!十二月、十二月だから!

はーい。

一日、今年の新語流行語大賞が発表されました。年間大賞は「ダメよ~ダメダメ」と「集団的自衛権」です。左足とかいう変な名前の人は、ツイッターよりブログのほうがいいとか言い出して最近はめっきり呟く回数も減った様子。もう止めちゃえばいいのに。ツイートはこちらで~す。

そういえば、昔「モロダシ・ボン!」というタイトルのアダルトビデオを見たなあ。…寝る。おやすみなさい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

メイちゃん。お仕事だから。鬼を睨み殺すみたいな目をするのは止しなさい、ね。

・・・・・・・・・・・・。

・・・、以上、『鈍く輝く!ベストツイートアワード2014』でした。シーユーネクスト、バイバイ。
スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。