スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「食」にまつわるあれこれ

おばんです。

長らくご無沙汰しております、山本左足です。

ブログをお休みしてからというもの、精神的・金銭的に非常に追い詰められた状態で、一時期どん底まで落ちぶれましたが今は若干回復してます。とはいえ状況そのものが改善したわけではないので、まあ、一進一退ですが。頑張れ俺。

さて、そんな中、明け方に酔いどれて、Twitterに「なんかテーマをくれたらブログ書く」的なことを呟いたところ(本人泥酔していてその前後の記憶が無い・・・)、フォロワーさんから「食べるというテーマで何か」というリクエストを頂いたので、久々に何かしら書いてみようと思います。

短く簡潔に、というのが苦手なので、思いついたことをだらだらと書こうと思います。

えーと・・・、夏ですね。
夏と言えば夏野菜。皆さんは何が好きですか。俺はトマトが好きです。
実家は農業をやっていて、メインは米なのですが、他に小さな畑もあって、小規模ながら様々な野菜を作ってました。夏野菜ならトマトのほかにナスやキュウリ、とうもろこしにかぼちゃなど。西瓜も何個か。いずれも家族で食べる分くらいですが。他にはニンジンやジャガイモ、大根なんかも作ってましたね。
ちなみに最近父の趣味(?)で肉牛の飼育も始めたらしく、何なら自給自足できそうな勢いの我が実家。
子どもの頃はトイレが汲み取り式だったので、肥料も自家製でしたね・・・w

さて、そんな恵まれた環境にあっても、好き嫌いは如何ともし難いものです。俺は体質的にアレルギーなども無く、食べられないものもほとんど無いのですが、ただ一つ、キュウリだけはどうしても食べられません。単純に味が嫌い(全国のキュウリファンの皆さんごめんなさい)。それが母には理解できないらしく、学生の頃、何度言っても仕送りにキュウリを混ぜてくるのには正直うんざりしておりました。折角送ってくれたのに、食わずに捨てていたのだよ。済まぬ。

ところで、一人暮らしが長くなって、大抵の料理は自分で作れるようになりましたが、その切っ掛けのひとつはキュウリが食べられない、ということだったりもします。ポテトサラダとか、キュウリさえ入ってなければ大好物なので。そういう意味では好き嫌いがあるのも悪くない・・・ことはないですね、やっぱり。何でも食わなアカンよ。

好き嫌いは別として、信仰や信条で特定の食べ物を口にしない、という人も居ますね。
肉や野菜を食べない所謂「菜食主義者」は、俺の子どもの頃は全部一括りで「ベジタリアン」と言っていたものですが、最近では様々に細分化されているようです→ベジタリアニズム
いろいろありますね。考え方はひとそれぞれ。個人的には、動物性のものをまったく口にしないというのもあまり健康に良くないんじゃないかと思うのですが・・・。

そもそも、野菜が獲れないようなところに暮らしている人たちも居て、そういうところでは、狩りをした獲物の生肉を食ってビタミンを補給していたらしいです。アザラシの腹の中に海鳥を詰めて作る発酵食品「キビヤック」なども有名ですね。食べるときは排出口(おしり?)に口を付けて発酵した中身を啜るとか・・・。勇気が要る。
そういえば、かつてシベリア大森林を横断して一大帝国を築いたロシア人たちは、本国からの補給の困難さ故に野菜や果物を口にすることが出来ず壊血病に罹るひとが多かったとか。ヨーロッパ人である彼らには生肉を食う文化が無かったのですね。全部焼いて食っちゃったからビタミン不足になった、と、昔何かで読んだ記憶が・・・(たぶん司馬遼太郎の書いた何かだったと思います。曖昧で申し訳ないw)

そんなこんなで、食文化というのも生活環境に左右されるものだから、一概に「動物を殺して食べるなんて野蛮!」というような、一部動物愛護団体の主張なんかは正直的外れだと俺は思います(まあ最近はかなり大人しくなってるようですが)。もちろん絶滅危惧種なんかは食べちゃいけない。それは当然として、例えば「可愛いから食べちゃダメ」とか「賢いからダメ」なんていうのはそれこそ差別的だと思う。ブサイクでバカなら食べ尽くしてもいいのか?・・・って言いたくなるんですよね、捻くれ者なんでw

獲りすぎなければ何を食ってもいいと個人的には思います。犬でもクジラでも昆虫でも。俺は愛犬家ですが、機会があれば犬肉は食べてみたいですね。クジラは昔給食で食べました(最後(?)のクジラ世代)。昆虫は、と考えて思い出しましたが、小学生の頃、田んぼでイナゴを捕まえて、その日のうちに佃煮にして食べましたね。取れたてのイナゴの味は格別・・・だったかどうか、定かではありませんが(佃煮はある程度寝かしたほうがいい気もする。何となくですが)。
しかし、考えてみると当時はヘリコプターで農薬散布なんかやったりしてたわけで(今もかな?)、衛生面ではちょっと問題ありな気もしますね・・・w

なんか思った以上にだらだらしてきましたがw とりあえずの結論としては、
食うために動植物を殺すのは仕方が無い。
どうせ食うなら出来るだけ美味しく頂きたい。
好き嫌いはなるべくしないようにしたい。
食わない動物の命はいたずらに弄ばないようにしたい。

と、まあ、そういう感じですね。

このブログは一応短歌のブログなので、ちょっと書いたら短歌の紹介に移る予定だったのですが、長くなってしまったのでまたそのうちにw

生きていたらまた会おう!

噂では明日世界が終わるらしい 早く食わなきゃカレーの残り

・・・今度はもうちょっと短いスパンで更新できればいいなあ、と思っておりますです。おやすみなさい。
スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。