スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二つの甲子園と2015年の夏について(その1)

おばんです。山本左足です。

8月も残りわずか。めっきり涼しくなりましたね。俺は昨夜ついに毛布を引っ張り出してきてしまいました。いつもは「嫌だ!まだ夏なんだー!!」と言い張りながらガマンするのですが。寄る年波には勝てませんな。

さて、今回は甲子園の話。

1915年の第一回大会から100年目の節目となった今年の全国高校野球選手権。世間的には早稲田実業の清宮君が話題でしたが、俺的にはとりあえず、ちょうど開幕した8月6日に今年何通目かもう覚えていない不採用通知を受け取りまして、どよ~んとした気分で飲んだくれる日々が続いていたので、早実の試合はほとんど見ておりません。だって毎回早朝の第一試合なんだもの。

高校生はこんな朝っぱらから全力で野球なんかやってスゲーなあ、と思いつつ、テーブルの上に日々増えてゆく酒瓶の列を眺めて、溜め息をつきながら布団に入る。そんな毎日。

とにかく暑かった。俺の部屋は日当たりがあまり良くないのと風が結構入るのとで、夏は比較的涼しいのですが、今年はかなり暑かった気がします。毛布が恋しい今となってはそれすら懐かしいですが。高校生はこんな暑っついなか良く野球なんか出来るなあ、と・・・。

まあそれはさておき。今年は清宮幸太郎をはじめ小笠原慎之介、オコエ瑠偉、平澤大河らタレント揃いで面白い大会でしたね。高校野球百年の節目に相応しい良い大会だったんじゃないでしょうか。よくわからんけど。
そういえば、大阪では初戦(二回戦)で優勝候補の大阪桐蔭と履正社がいきなり当たって、地方球場に観客が詰め掛けて大渋滞になったとか、TOKYO MXで放送していた西東京大会が夕方5時で終了したせいで、ちょうどその時間に試合していた早稲田実業対八王子の試合が中途半端になってしまい「清宮見せろ!」とツイッターが炎上したとか(笑)、地方大会からいろいろ話題に事欠かない今年の大会でありました。

俺は岩手県民なので岩手代表や東北の代表校を毎年応援するのですが、残念ながら今年も優勝旗には届かず。しかし準優勝した仙台育英はもちろん、東北六県のうち五県の代表校が初戦突破の活躍(福島聖光は優勝した東海大相模と当たったのが不運だった)。近いうちに必ず優勝するだろうと信じたい。信じてる。

あと、俺も近いうちに就職できると信じたい。誰か仕事くれ。

そういえば、今年は数年ぶりに帰省して墓参りに行ってまいりました。
墓なんてもんは別に単なるモニュメントで、特に意味の無いシロモノ、と思っている不信心者の俺ですが、神棚も仏壇も無い部屋に暮らしていると、手を合わせて何かを拝むなんてことは日々まったくやらなくなるわけで。たまにゆっくり心を落ち着けて今は亡き祖父母や親戚のことを思い出したりするのも悪くない、とは思いました。まあ雨が降ってたんで、あまりゆっくりもしませんでしたが・・・。

えーと、本当はここからもう一つの甲子園の話を書こうと思っていたのですが、長くなっちゃったんでまた明日書きます。どっちかというと野球の話は単なるマクラで、短歌甲子園の話を中心に書くつもりだったのですが。計画性の無いのが俺の悪いところでもあり、サービス精神が迸って余計なことまで書いちゃうところが憎めないチャームポイントでもあり、そんな自分がたまらなく愛おしかったり。たまに殺したかったり。
内容の無い文章を延々と書く能力だけは他人に遅れをとらないと自負しているのですが、就職に役に立たないんだよお。

まあ、いいや。

短歌甲子園の話は今夜にでも書こうと思います。仕事ください。無理ならお金だけでもいいのでください。いやまあ気にしないでください。おやすみなさい。
スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。