スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二つの甲子園と2015年の夏について(その2)

おばんです。

昨日中途半端になったので、今回も甲子園の話を書こうと思います。

何と言っても清宮の魅力は・・・、あ、そっちはもういい?
まあねえ。野球経験の無い素人の語る野球談義なんて退屈の極みだわな。

さて気を取り直して。今回取り上げるのは同じ「甲子園」でも野球ではなく短歌のほう。
高校野球は今年で100年目ということで大々的に取り上げられていましたが、こちらも、桁はひとつ違うものの今回で10回目の節目となる「短歌甲子園2015」を見てきたので、その感想などをちょっと書こうと思います。

と、その前に余談をひとつ。「短歌甲子園」という大会は同時期に二ヶ所で開催されてます。
岩手県盛岡市で開催されているものと、宮崎県日向市で開催されている「牧水・短歌甲子園」です。俺が見てきたのは盛岡でやったほう。

ややこしいからどっちか名称を変えればいいのに、と思うんですよね。そうすれば一々こんな注釈を書かなくても済むんですが。特に今年は開催日も重なったりしてちょっと混乱しました。

そもそも高校生の大会だからってだけで何にでも「~甲子園」って付けるのが嫌いなんですよ。甲子園でやるわけでもないのに。調べてみたら宮崎の大会は今回5回目のようですが、それだと、当然岩手でも短歌甲子園をやってるのは知っていたはず。

・・・何が何でも「甲子園」って付けたかったのかなあ。理解に苦しむ。

あ、別に起源主張がしたいわけではないです。そもそも「~甲子園」的なネーミングが気に入らないってだけの話。「啄木短歌大会」とか「牧水短歌大会」ではダメなのだろうか。

あと、どうせなら開催時期も半年ずらすとかすれば、どちらの大会にも出られていいのになあ、とも思いますね。その辺上手いことやればいいのに。

まあ、それはどうでもいい話でした。

さて、短歌甲子園。俺が見に行ったのは8月21日(金)でした。本当は20日も見に行くつもりだったんですが、本家本元の甲子園で仙台育英が決勝まで残ったので急遽そっちの応援(無論テレビで)をすることにしたのでした。なお結果は・・・。でも、本当にいい試合だった。

そんなこんなで21日。いつものように寝坊した俺がバスに揺られて会場の盛岡劇場に着くと、ちょうど団体戦の二回戦が始まるところでした。タイミングばっちり。受付でパンフレットと個人戦の全投稿作品を一覧にしたプリントを手に入れて、ニヤニヤしながら会場入り。場内は参加者とその関係者と思しき人がほとんどで、部外者は俺ひとりなんじゃないかというような雰囲気。何となく悪いことをしているような気分で隅っこの席に陣取り、二回戦の詠草と審査員との質疑応答をチェックして(これは赤の勝ちだな)などと無責任なことを考えつつ、個人戦の作品にも一通り目を通します。誰からも頼まれてないのに大忙し。

そうそうルール説明。団体戦は三人一組の紅白戦。参加者は決められたお題に沿った短歌を交互に発表し、審査員との質疑応答を経て、最終的には五人の審査員の投票により優劣が決する、というシステム。二勝したチームが勝ち上がりです。

もちろん高校生の作品なので結構デキにばらつきがあります。こちらが唸るような凄い短歌もあれば、着眼点は面白いのに言いたいことが上手く纏まっていないものもある。

しかしそのどれにも高校生にしか詠めないような機微、十代でなければ出てこない発想や思いが込められているようで、最早四十代間際のオッサンとしては胸が熱くなるんですよ。

俺も高校生の頃に短歌を始めたかった。そして美人の先輩にマンツーマンで指導されたかった。句跨がったり句跨がられたりしたかった。そして「あなたって字余りね」って言われたかった…!

やっぱり俺も高校生の頃に短歌を始めたかったなあ。そして盗んだ俳句を賞に出したり、束ねた短冊で夜の校舎窓ガラス壊して回ったり、軋むベッドの上で優しさを持ち寄ったりしたかった…!


というような気分になるわけです。因みにこれは去年の短歌甲子園を見たあとのツイッターへの書き込み。トチ狂ってますね。

まあそれはそれとして。
俺も一応短歌を詠むので、エア審査員として作品を見ているわけですが、残念ながら勝敗予想は結構外します。これは俺に見る目が無いのではなく、敗れた高校生の作品にも光るところがあったという事なのでお間違えなく。審査では負けたかもしれないが、その短歌の良さ、俺にはちゃんと分かってるぜ!何の足しにもならないけどな!

さて。それではいくつか短歌を紹介してみませう。パンフレットには「ホームページ・ブログなどへの転載については、本大会で作られた作品である旨を明記のうえ、掲載することを認めます」と書いてあるので問題無いとは思いますが、もし何か問題があったら対応しますのでご連絡をお願いします。あと作者や学校の関係者で「名前を出されると困る」というような場合にも、即刻削除しますので連絡してください。

では。

悪気なく決めた
明日君と話せたら
ギターができると嘘をつこうと (水戸葵陵高等学校 戸田志門)


話題賞を獲得した作品。題は[嘘]だったと思います(曖昧で済みません)。「悪気なく」が面白いです。
同じ作者の作品では

黒板の数式
にょきにょきのびてゆく時
ぼくがただ遠く見ていたい時 (茨城県 水戸葵陵高等学校 戸田志門)


も好きでした。こちらの題は[時]。「にょきにょき」がいいですね。みるみる成長して、どんどん異形の怪物になっていく数式。そりゃ近づいちゃいけません。

あ、そういえば。岩手県の短歌甲子園では作品はすべて三行書きで発表されます。石川啄木に因んだ大会だからってことでしょうね。基本的に短歌は一行書きのほうがすきなのですが、どの句で行を分けるかというところにも作者の工夫が感じられて、これはこれで面白い。

ベトナムの森に鉛を撃ちし祖父
水鉄砲で
我と戯る (青森県立八戸高等学校 ガルブレス・サムエル)


啄木賞を受賞した作品です。題は分かりません。申し訳ない。

この歌、会場で見たときは「結句が啄木の本歌取りになってるんだな、上手いな」としか思わなかったのですが、上の句「鉛を撃ちし」も「訛りなつかし」とかかってるんですね。祖父との思い出をもとに、深いテーマをさらっと歌いつつこんな遊びまで。上手いなあ。

「初めて私、貴女に嘘をつきました。」
白い光が滑って
いった (茨城県 水戸葵陵高等学校 矢澤愛実)


特別審査員を務められた歌人の小島ゆかりさんから「小島ゆかり賞」に選ばれた作品です。題は[嘘]。あえて硬質な表現を使って、瞬間的な心の揺れを上手く歌っています。鍵括弧や行分けの工夫も効果的。

最後に個人戦で一位となった作品を二首紹介します。

まだ君は眠っているだろう
静けさの
自転車置き場は海に似ている (岩手県立盛岡第四高等学校 土谷映里)


題は[似]。個人戦、団体戦を含めたすべての作品の中でも、個人的には今回一番好きな歌でした。下の句が魅力的。

我の名を忘れてしまった祖母は今
微笑んでいる
桜満開 (青森県立八戸高等学校 小川青夏)


こちらの題は[笑]。孫の名前を忘れてしまった祖母への、それでも変わらぬ優しさと愛情。それを直接自分の感情として言うのではなく「祖母が微笑んでいる」「桜が満開である」と、情景描写だけで伝える技術。素晴らしい歌だと思います。

団体戦の優勝は岩手県立盛岡第四高等学校、準優勝は水戸葵陵高等学校でした。楽しかった。来年も行きます。不審者だけど通報しないでね。

そういえば、21日は短歌研究新人賞の受賞作が掲載された「短歌研究」の発売日でもありました。俺は今年は応募してないので何も関係なし。来年獲るからいいけど(一応毎年言う決まり)。

長くなりましたが今日はこの辺で。今から来年の甲子園が楽しみでなりません。野球も、短歌も。

サヨナラといふ勝ち方と負け方がありて真夏の雲流れゆく (小笠原和幸)

小笠原和幸さんも啄木と同じく岩手の歌人。そういえば短歌研究新人賞の受賞者でもありますね。今回のブログの締めに相応しい。大好きな一首。

ではまたそのうち気が向いたら何か書きます。

生きてたらな。

では、おやすみなさい。
スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。