スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せって何だっけ

幸せに僕がなってもいいのですずっと忘れていたことですが 牛隆祐

おばんです。

退院から早一ヶ月あまりが過ぎました。ようやく手術の傷もふさがって、もうほとんど入院前と変わらないぐらいまで回復したのですが、いろいろと都合があってまだ休職中の身です。

実家での療養を経て盛岡に帰ってきて一週間。両親や兄一家と共に過ごした実家での生活も賑やかで楽しいものでしたが、ひとりになるとやっぱり落ち着きます。寂しさはあるものの、ここが自分の居場所なんだと強く感じる。これが自由というものかしら。誰からも干渉されない幸せ。

ところで、「幸せ」は元々「仕合せ」と書いたのだとか。意味は「巡り合せ」とほぼ同じ。「幸福」と同じ意味で「幸せ」と表記するようになったのはいつからかというと、これが結構最近で、文芸作品の用例などから見るに大正時代に入ってからのようです。明治期の夏目漱石なんかは自作のなかで「悪い仕合せで~」というように書いていた、というのを以前何かで読んだような気がしたのですが、ネタ元の本がちっとも見つからない。ので、これは嘘かもしれないので忘れて。

要するに、人間にとっては「巡り合う」ことがすなわち「幸せ(幸福)」なのだ、と、そういうことなのかもしれません。とか言いつつ、俺が人生で一番幸せだったのは大学に受かって一人暮らしを始めてからの数年間なんですが。まあそれも、拒絶というかたちで他者と関わっているとも言えるわけで、結局どんな生活を送ろうと「巡り合せ」の輪の中から出ることは出来ないのかもしれません。

牛さんの短歌は以前Twitterで見て覚えたもの。なので初出は分かりません。

「です・ます」調を用いて、あたかも他者に向かって語りかけているようですが、おそらくその相手は、幸せになることをずっと忘れていた自分自身なのではないか。この歌からは「幸せ」に対する単純な喜びだけではなく、幸せになることに対するおそれの感情が読み取れて、それが、常日頃「リア充死すべし」と公言して止まない俺のようなモンの心にも刺さるのですよ。ところでリア充ってそろそろ死語?

この歌の肝になっているのは助詞「が」の働きだと思うのですが、文法の知識が皆無なので説明できない・・・。何と言うんだろう、例えば「俺は正義の味方だ」というのと「俺が正義の味方だ」というのとでは、後者のほうがオンリーワン感が出るじゃないですか。「他の誰でもない、俺こそが」みたいな・・・。分かる?

・・・なんか凄く馬鹿っぽい文章になってしまった。まあいいや。そんなこんなで、この歌が好きだということが何となく言いたくなったのでした。

俺はといえば一人暮らしの気楽さに完全に慣れてしまって、これこそが「幸せ」だと思って日々過ごしているわけですが、それでもたまに無性に寂しくなる夜があるもんで。理想を言えば平安時代の通い婚みたいな感じで、普段は別居しつつたまに行き来してセックスするような関係が理想なんですが、誰か相手してくんない(マジで)

縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に 出逢えることを
人は 仕合わせと呼びます  中島みゆき「糸」より


さーてそろそろ寝るべー。幸せ幸せ俺は幸せ。おやすみなさい。
スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。