スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うたらばブログパーツ短歌投稿作のまとめ

おばんです。

今日はうたらば投稿作のまとめ。テーマは「年」です。今回は既に発表済みの短歌ばかりで目新しいものは無いんですがよろしければ。ちゃんと新作も詠まなきゃなあ。

あれはそう、確か千年前の秋 たった一度のくちづけのこと

中年と女子高生が恋をする漫画を買って読まずに食べた

冒険の書が消えた夜少年はひとりぼっちで大人になった

あたたかな灯のともるあの窓辺まで何光年の道のりだろう

年老いた母の逝く日を想う時遠き港に夕闇は来る

寂しさは万年雪のようでありたまに雪崩を起こしたりする


以上6首。「中年と~」の歌を採用していただきました。中年と女子高生が恋をする漫画、最近ちょっと話題のやつですが、俺が読むといろいろヤバいんじゃないかと思ってw、気にはなってるんですが読んだことないです。面白いのかな。

次回も採用目指してがんばります。では、また。おやすみなさい。
スポンサーサイト

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。