5年目

おばんです。東日本大震災から5年目の3月11日。

更新するとは言ったものの何を書こうか考えがまとまらず、いっそ悪ふざけして馬鹿なことを書こうか、とも思ったのですがそれもままならない生真面目さ。結局何を書くかまったく考えてません。どうしよう。

何か思いついたことを適当に書こうと思います。とはいえ、震災当時の思い出話なんかは以前ツイッターとかにも書いたりしたので繰り返しになっちゃうし。うーむ。

俺の地元は岩手県の沿岸北部にある洋野町というところです。まあ実家のある辺りは合併前は海無し村だったので、厳密には沿岸って感じでもないんですけど。夏に帰省すると実家の軽トラ(笑)を疾走させて海までドライブするのが楽しみなのですが、去年は天気が悪くて、鉛色の海がどんよりうねっているのを車窓から眺めるしか出来ず残念でした。一昨年は天気が良くて、海浜公園で海水浴する人たちをのんびり眺めながら缶コーヒーを飲んだり、靴を脱いで波と戯れたりできたのですが。今年はどうだろう。

去年の7月18日付けの河北新報の記事によると、岩手、宮城、福島3県には震災前およそ70ヵ所の海水浴場があったそうですが、去年海開きをしたのはそのうちのたった14ヵ所だそうです。記事はこちら

いつも通り海水浴が出来るということすら、実は相当な幸運なのかもしれない。というようなことを考えたり。

そういえばZUU onlineというサイトで発表された「東北住みたい街ランキング」で岩手県大船渡市が3位に入っていてちょっと驚きました。大船渡には学生の頃だか社会人なりたての頃だかに一度行ったことがあるだけ。それも、ただ単に「行ったことが無いから行ってみようぜ!」というノープランの遠征で、ほとんど車から降りもせず丸一日かけて大船渡~陸前高田あたりをぐるぐるして日帰りするという、若さゆえの過ちとしか言いようの無い旅で行っただけ。陸前高田市なんてただ通過しただけで降り立ってすらいないんじゃなかろうか…。いつかもう一度行ってみたいものです。

しかし、実際問題沿岸市町村は住むには結構不便だと思います。俺の地元あたりもそうだし、県南も、たぶん。たとえば大船渡には盛岡からバスが出ているのですが、片道3時間、往復券で4000円かかるらしい。ちなみに盛岡ー仙台間が高速バスで片道2時間半、往復券5000円です。大船渡ー仙台も調べてみたのですが、バスだと片道4時間(一関市を経由するため時間がかかるらしい)、往復券4400円。大変だ…。

そういう地理的な不便さはありますが、たとえば子育てをするのにはいい環境だろうとは思います。海もあり、山もあり。沿岸は雪もそんなに積もらないし、近隣の住人も(顔見知りには)優しい人が多いです。たぶん。

震災復興。何となく言ってますが、実際問題、どうなれば「復興」なのだろう。死んだ人は戻ってこない。仮に街並みのすべてを震災前の状態に戻せたとしても、住人が戻ってこなければただのゴーストタウンになってしまう。岩手県沿岸の市町村は元々過疎化が進んでいた地域。そして主要産業の農業や漁業も、放射能の影響で大きな被害を受けている。

考えれば考えるほど暗い気持ちになってきます。俺には何も出来ないんですが。ただ、以前と同じように、というのではもうダメなんだろうなあ、と思います。「復旧」ではなく「復興」。それこそ「住みたい」と思えるような新しい街を、可能な限り早く作って欲しいと思います。

・・・ふう。あまり暗いことを考えるとダークな感情に支配されていけませぬ。次からはまた下らないことを書いていこうと思います。短歌も載せようかと思ったのですが特に思い浮かばなかったのでまた今度。そういえば「震災詠」についてもちょっと書きたいことがあったんですが・・・、いまさら思い出してもなあ。もう疲れちゃったんで、覚えてたら来年にでも書きます。

あらためて、亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。では、また。おやすみなさい。
スポンサーサイト

コメント

Secret